扁桃溶連菌感染症が散見されております。

 A群β溶血性連鎖球菌による扁桃炎が小児および成人で散見されております。地域での流行があるようです。10日以上続く咽頭痛、発熱、舌の発赤などがあれば、迅速検査キットでの診断が可能ですので早めの受診をお勧めします。