いびきの検査について

 

 いびき(睡眠時無呼吸症候群)の検査・治療の流れです。
 まず自宅で呼吸状態を測定できる腕時計型装置(下図)を当院からお貸出しします。
 3晩程ご自宅で測定した後1週間以内に再診していただき、結果をその場でご説明いたします。
 重度の睡眠時無呼吸症候群の方では、下図のようなCPAP治療(持続陽圧呼吸)装置をお持ち帰りいただき、毎月当院で治療効果を確認いたします。

 中等度以下の場合は、必要に応じて歯科でのマウスピース
制作依頼、就寝時の体位指導や体重管理指導等を行います。